5ヶ月目~11ヶ月目過ごし方 過去問講座の勉強場所と時間

過去問講座の勉強は、基礎講座と少し違う感じで進めていました。
基礎講座は朝から勉強を始め、翌朝の頭でチェックテストをやって一通りでしたが、
過去問講座の勉強は朝終えていたのです。

どういうことかというと、お昼休みと会社帰りのファミレスかカフェで過去問題を解き
、翌朝答え合わせでDVDを見ていたのです。
普通は、問題を解いてすぐに答え合わせをすると思いますが、
それほどまとまった時間が取れなかったので、こういうリズムになってしまいました。
自分でも正しかったのかどうかわかりません。皆さんにおすすめなのかどうかも。

一応どうやったのか説明すると、朝起きると前の日に解いた問題について勉強しました。
若干忘れかけていますが、勉強を始めれば思い出すので、
前日のおさらいも含めて進めていくことができました。

若干集中力を高めるのに苦労しましたが、問題を思い出すと答えが気になるので、
それでも結構すぐに社労士勉強モードに入ることができたと思います。
余談ですが、嵐のCDはかけず、タッキー&翼を小さくかけていました。
なぜかわからないけれど、嵐はイライラして、タッキー&翼は集中できたからです。

だいたい朝2時間~3時間勉強したのは、基礎講座の時と同じくらいです。
でも、気持ち的には、少し長めだった気もします。週末に図書館に行くことも増えました。
やはり、平日は会社もあるし、まとまった時間は週末にしかとれません。
基礎講座のときはそれでもマイペースでやっていましたが、
過去問講座は、リアルに「これが解けるようにならないとヤバイ」という焦りもありました。
社労士試験モードは、日に日に強まっていく感じがしていました。

普段の勉強場所は、自宅意外だとファミレスやカフェが多かったのですが、
気分で使い分けていました。
何を食べようか気分で店を決めるように、「今日はあそこで勉強したい気分」というのが
この時期発生していました。何を食べたいのかとイコールの時もありましたが。
よく行ったのは、会社の近くのスタバと、家の近くのロイヤルホストです。

余談ですが、ロイヤルホストでは、大学生が友達同士でレポートを書いたりして
勉強している人が多かった気がします。コーヒーのお替りが自由なので快適なのです。
みんな考えることは一緒です。そのためか、その店はいつもシンとしていて、
勉強に集中しやすい環境でした。騒ぐ子供などはいませんでしたよ。