1ヶ月目~4ヶ月目の過ごし方 基礎講座の勉強場所と時間

基礎講座の勉強は、できるだけ朝やるようにしました。
フォーサイトのガイダンスでも言っていましたが、朝が集中力も高いし、脳が活発だからです。
夜は、仕事から疲れて帰ってきて、難しい資格の勉強なんてする気になりませんよね。
特に、社労士の試験科目は、労務管理や保健、年金等々に関する法律科目が中心です。
朝のスッキリした時でなければ、覚えられっこありません。

できる限り、最低2時間は勉強するように心がけました。
もともと朝は弱くないし、一人暮らしで誰にも気兼ねがないため、
自分のペースで勉強することができました。

私の場合、起きてすぐ嵐のCDをかけて頭を目覚めさせていました。
そのままCDを聞きながら、前の日にやった部分のチェックテストをやり、記憶のチェック。
問題を解くという行為は、暗記する行為に比べて、100倍楽しいものでした。
ドリルとかクロスワードパズルとか好きなので、そんな感覚だった気がします。

それで、チェックテストが終わったら、CDを消し、講義のDVDをつけました。
新しい部分の勉強の開始です。
DVDは90分弱くらいで終わるので、その後その部分のチェックテストと復習をしました。
全体で2~3時間でした。

前の日のチェックテストにこだわりすぎるとあっという間に時間が過ぎてしまうので、
その場では丸暗記してDVDに移るように気をつけていました。
あまり細部にこだわると先に進めないし、その場でがっちり覚えたつもりでもまた忘れます。
ですから、ほどほどにして、気になれば電車で繰り返しチェックしたりして覚えていきました。

基礎講座は朝やることが多かったので、基本的には自宅で勉強しました。
早起きすると外もシンとしていて、すがすがしい気持ちです。
DVDを見るため、テレビをだらだら見ることもありません。最初の一通りは全て自宅でした。

土日には、図書館に行くこともありました。
ネットブックとテキストを持って行き、一度見たDVDを復習で見たりしました。
一度目と環境を変えることで、新しい気づきもあったような気がします。
それに、変な誘惑(テレビ、電話など)がないし、周りの人もみんな勉強しているので、
集中しやすい環境にあったと思います。
それ以外は、電車、お昼休み、会社帰りにファミレスなどで、勉強することが多かったです。
社労士の勉強は会社の人にも話していたので、気兼ねなく勉強することができました。